さよなら本牧 ~ 最後のジャスリン ランチ ウィーク

私の職場は横浜は本牧。
港の玄関口、米軍施設のあった街として「本牧」という響きにエキゾチックな感覚を覚える横浜の人は多い。
その中で今でもこの横浜にエキゾチズムを残し続けているのが、中華街を中心に生きている華僑・華人の人たちだ。

こちらジャスリンはその人たちの今と未来に、少なからずの道標を持つ場所であるのに、お店の方は実に慎ましやかに、日々を送っていらっしゃる。

そんなある日のあるシアター。
私はめったに映画を見ぬ人。
そのエンドロールに「ジャスリン」の名前を見た瞬間に、職場の近くのここはただの美味しいお店から、この街の歴史の一つを探る大切なお店になった。

その本牧とも今年でお別れ。
横浜一の「食は幸せ」を知るほんまさんを持ってして
昼食の砂漠MM・・・かわいそうに
とまで言われるみなとみらいに職場が引越し。

なので今週が最後のジャスリンランチ。
行ける日は全部行こう。

今週のランチは
・醤汁茄子(ナスの香辣醤炒メ)
・風味炸鶏(鶏の空揚げソース風味)
・生馬麺(サンマーメン)

月曜:まずは生馬麺。
野菜はモヤシがメインで他は彩り程度。
麺は細麺。
今時の「麺食い」には物足りないかもしれないけれど、私の教科書な味。
パートさんが漬ける漬物が美味しい。
火曜:風味炸鶏
揚げたての芳ばしさと、ほんのり薫るソースの風味。
そしてフワフワに仕上げられた鶏は、鶏フリークなら唸るはず。
食べる前の見た目だけで、もうちょっと彩りを、、とか、野菜を、、とかは言わないように。
柔らかくて美味しい~、などと褒めると、
日本人は何でも柔らかく柔らかくてって、向こうじゃ半熟の玉子とか柔らかい肉汁出る肉なんて料理途中の火の通りきっていない未完成の料理だと言われポイだよ
と、大陸の都会の高級店以外の大多数地域での衛生・料理事情を語られ、お勉強タイムになってしまう。
さて、今日は煙突の地。
明日は行けるかな。

コメント

ほんま さんの投稿…
こちらを拝見して以降、
行ってみたいお店なんですが、
場所やら、営業時間やらがいまいちわかりづらくて・・・
その辺がいい意味で結界になってるのでしょうか?
管理人:ふ゛り さんの投稿…
■ほんまさん
ジャスリンの場所はこちらになります。
マイカル横のガストのある交差点、大鳥中学入口を中学校側に曲がり、一つ目の信号を右折、しばらく行った右手です。

どなたかが訪問した模様、、。

http://maps.google.co.jp/maps?q=35.4198,139.666708&num=1&sll=36.5626,136.362305&sspn=21.648293,28.344727&hl=ja&brcurrent=3,0x601842cf0ffb8619:0x8c0201f0639e681f,0&ie=UTF8&ll=35.419714,139.666679&spn=0.002946,0.004823&z=18